Name
Mail
URL
icon
99
Pass
*編集・削除用(任意:英数字4~8文字)
Subject
絵文字
画像添付
中山
URL

重力レンズ

0 2020/05/29 (Fri) 09:56:44
重力レンズは一般相対論が正しいことの証しとされる。しかし思うに重力レンズの原因と目される重力源の重力が推定できるならば光の曲がり様から正しいのは一般相対論かニュートンかが明らかとなるのでは。
中山
URL

水星の近日点の移動

0 2020/05/25 (Mon) 18:53:58
水星の楕円軌道の長半径が空間を左右に分割しています。他の惑星が左右に存在する確率はイコールです。近日点の定速による移動はあり得ないでしょう。
中山
URL

水星の近日点の移動

0 2020/05/25 (Mon) 17:17:38
太陽系の惑星のデータの表を眺めてみた。なにが近日点の移動の要因なのだろう。惑星の軌道長半径、短半径。公転の速度。自転の速度。惑星の質量とその分布。衛星の質量とその分布。惑星の自転の傾き、など。他の惑星の重力の影響はおそらくこれらよりも微弱でかつ変動もしよう。
中山
URL

水星の近日点の移動

0 2020/05/24 (Sun) 10:32:55
近日点の移動の主因は他の惑星の重力とされる。しかし他の惑星の位置は変わる(当の惑星の近日点の位置も)。であれば各惑星の近日点の移動として示されている値は不変ではあるまい。

水星の近日点の移動は5.75秒角/年。ときに575秒角/100年。水星だけのこと?水星の値は怪しいから?言い逃れのために?

中山
URL

水星の近日点の移動(再び言う)

0 2020/05/22 (Fri) 09:41:34
主星と伴星のニ星から成る連星系でも近点は移動します。近点における伴星の動き(近点の移動)は伴星の大きさなどにより異なるでしょう(同じ質量として)。摂動が主因とする通説は的外れでしょう。
中山
URL

重力質量と慣性質量

0 2020/05/21 (Thu) 13:24:01
質量 m の物体が紐で吊り下げられています。この物体が落下を始めます。同時に物体は右側から水平に mg の張力で紐で引かれます。物体は右下がり 45度の軌跡を描くでしょう。
中山
URL

等価原理(再び言う)

0 2020/05/19 (Tue) 17:46:11
エレベーター・キャビンが水平に加速しています(摩擦なし : 2g で)。すべての質点(すべての微小領域)で加速度は 2g です。
中山
URL

エディントンによる日蝕の観測

0 2020/05/18 (Mon) 07:02:44
標記観測(1919年) は太陽の重力による光の曲がりを確認したものとされる。しかしこの現象は追認されていないようである。太陽の表面重力は 28.02g、木星の表面重力は 2.53 g である。表面からそれぞれの半径を隔たる空間での重力もそれぞれの表面重力の四分の一である。木星での追認は可能であろう。
匿名

自由落下 中三です

0 2020/05/16 (Sat) 16:05:00
理科の宿題で次のような問題が出ました。
「大きさ、重さの違う石を橋の欄干から落とします。一つは約1㎏、もう一つは約500g程度のものです。同じ高さから落とすとどちらが先に落ちるのか。
ただし君は「重さは違ってもどちらも同じ石だから、同時に水面に落ちるよ」といいます。
でも、優子さんは「以前、窓からプリントが落ちた時の、ゆっくりと落ちてきたわ。軽いから落ちるのが遅かったのよ。だからプリントみたいにとは言わないけれど、半分も軽い石のほうが、あとから落ちるんじゃない?」といいます。
さて、どちらが正しいのでしょう。それとも違う答えもあるのかな?」

同時に落ちるのは真空中と習いました。しかし、プリントは空気抵抗で遅く落下しているはずです。
石にも空気抵抗は働くのでしょうか?
自分の考えは、「ほぼ同時に落ちる」です。実際は重い方が少し速いと思います。
答えはどうなのでしょうか?分かりやすく教えていただけたら嬉しいです。お願いします。
中山
URL

光速不変は不良品

0 2020/05/15 (Fri) 09:19:40
無蓋貨車がすれ違っています。それぞれの貨車には同じ光源と観測者が。二人の観測者にとっての光速不変??説明できないでしょう。
中山
URL

光速不変は不良品

0 2020/05/15 (Fri) 06:56:50
光速可変であらゆる状況が説明できるでしょう。時間、空間は棚上げで。
中山
URL

静水中でのマイケルソン・モーレーの実験

0 2020/05/14 (Thu) 09:52:29
標記実験と空気中での実験とでは結果は同じ、干渉縞は動かないでしょう。
中山
URL

時間の遅れ

0 2020/05/12 (Tue) 07:23:01
並行する線路上で客車がすれ違っています。それぞれの客車側壁前部には同じ光源(周波数も)があり、光線が後方45度に放たれています。その光線はすれ違っている客車側壁全面に貼られた鏡で反射されて戻ってきます。時間の遅れはないでしょう。
中山
URL

水星の近日点の移動

0 2020/05/10 (Sun) 12:50:01
連星系でも近日点の移動と同様の現象(近星点の移動)が。主星と伴星のニ星の運動に摂動の出番はないでしょう。水星の近日点の移動でも摂動は主因ではないでしょう。
中山
URL

水星の近日点の移動(注記)

0 2020/05/07 (Thu) 18:04:59
水星の近日点の移動の値は一定でしょう。この問題は基本的に三体問題、多体問題ではないでしょう。
[ e:349][ e:442][ e:446][ e:454][ e:456][ e:786][ e:451][ s:472D][ s:472E][ s:4731]
[ e:731][ e:732][ s:4740][ s:4741][ e:51][ e:265][ e:266][ e:262][ s:4F4F][ s:453D]
[ s:4F34][ s:4532][ s:4F32][ e:45][ e:219][ s:4F62][ s:4540][ s:4763][ s:4766][ s:4767]
[ s:476A][ s:4769][ s:476B][ s:4768] [ s:476C][ s:476D][ s:4538][ s:504E][ s:473E][ s:473D]
[ s:4F2D][ s:512B][ s:5151][ s:4526][ s:4528][ s:452B][ s:4775][ s:453C][ s:453A][ s:453B]